酵素2

西宮で良質な整体・交通事故治療を受けたいとお探しの方、エトレ夙川整体院 院長 桑羽です。

健康を維持するためには、体内の酵素を増やす食生活をするとともに、体内の酵素を消耗する生活習慣を改める必要があります。

現在、酵素を作ることができるのは生命体だけです。発酵食品のように酵素を多く含む食物を人工的に作ることはできますが、その酵素を作り出しているのは細菌などの微生物です。つまり微生物が酵素を作りやすい環境を整えることはできても、酵素そのものを人工的に作り出すことはできないということです。

ですから食事が重要になってくるのです。

酵素を多く含む食事を摂取することは腸内環境を整え、腸内細菌が酵素を作るのを助けることにつながります。

実はいくら酵素が豊富な食事を食べても、それがそのままの形で吸収され、人間の体内で働くわけではありません。

しかし新谷先生の集めた(30万人以上の)臨床データは、酵素の豊富な生活をしている人は、体内酵素も豊富だということをはっきり示しています。

新谷先生は、酵素の豊富な食事をすることによって体内に「酵素の原型」ができるのではないかという仮説を立てられていて、これを「ミラクルエンザイム」と呼ばれています。

人間が生命活動を行うために必要な酵素は五千種類以上あり、それぞれの酵素がたった一つの働きしかしません。

しかしそれらすべての酵素の原型になる「ミラクルエンザイム」が体内に蓄えられ、それが必要に応じて使われるという仕組みが人間には備わっているのではないかということです。

酵素を多く含む食事と酵素を消耗しない生活習慣でミラクルエンザイムの蓄えが豊富になるよう心掛けることが重要です。

ではどのような食事をすればよいのでしょうか?